サイトリニューアル中

おくだりさん

未分類

釣りにもいろいろありまして...

投稿日:

長いこと投稿をお休みしていました。その間、いろいろなことがあったのですが、この場で簡単にご紹介したいと思います。

まず、高知某漁港にて、キス釣り名人とイカ釣り名人(ヤエン釣法)の二人とけっこう長い時間、いろいろな話をしました。キスは「足で釣れ」という言葉があるそうで、釣れるポイントが見つかるまでせっせと移動しながらの過程を楽しむのがポイントらしいです。

またヤエン釣り名人からは、アオリイカと騙し騙されの過程を楽しみつつ、のんびり釣るのが最大のポイントだとも。ヤエン釣りの仕掛けはごくごくシンプルで、その魅力を語るおじさんの様子がとても面白かったので、私もヤエンの道具を買ってきて挑戦することにしました(まだ実際に試してはいません)。

それから高知のあしずり港にも行きました。ここでは隣に地元のサビキ釣り名人がいて、自分とほぼ同じポイント、同じ釣法で竿を出しているのにもかかわらず、なぜかその名人にだけメジカ(ソウダガツオ)やスマガツオが釣れるのです。横で見ていて忌々しく思いましたが、やがてサビキ釣りは奥が深いのだということを悟り、自分の不明を恥じました。

魚釣りは魚がたくさんいる場所や時間帯なら、誰がやってもそれほど釣果に差は出ないものです。しかし、釣果が渋い時には、釣り人の仕掛けや経験値によって大きな差が出るのだということを思い知らされたのです。

また、登録者数数十万の超有名人から、名もなき我が道を行くタイプの人まで、いろんなYouTuberの釣り動画をチェックしてみました。あまたの釣り人が釣行の様子を動画に編集してupしているのですが、単に行って帰って食うだけの内容では、他の釣り動画と差別化できないと思い知らされました。動画の企画や方向性自体にもっと工夫を凝らす必要があると痛感しています。

そこで、私は他の釣り動画YouTuberがまだ手を出していない分野に挑戦してみることにしました。あらゆる角度から「釣り」を科学してみようというものです。

魚の解剖学的知識があれば、効果的な血抜きをするときに大いに役立つでしょう。偏光グラスをかけるとなぜ水中が見えやすくなるのかというテーマは物理の領域です。

先日、amazonで注文していたペンタブレットが届きましたので、ペンを使いながら解説することが可能になりました。こうした文明の利器を使いながら、釣りを科学するというテーマを一つの柱として、これから動画を作っていこうと思っています。

-未分類

Copyright© おくだりさん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。